「弐番手」まぜそば
d0145406_18123617.jpg

店主曰く、豚骨ラーメンのお店の多いこの名古屋でお店の「色」を出す為に始めたと言う「まぜそば」を注文。

ラーメンが運ばれてくると、「よく混ぜて食べてください」と言う食べ方、口直しのガム、「お好みに応じて」とタバスコを渡される。なにやらこのラーメンを食べる為の儀式の様で楽しい。

歯ごたえの残る程度にゆでられたキャベツ、分厚くてトロリとしたチャーシュー、半熟の煮玉子、ネギ、ニンニクが平打ちの麺とうまく混ざり合い、丁度良いこってり加減。このねっとり、こってりなラーメンに、ピリ辛でザクザクとした食感のフレーク状のトッピングがさらに食べる事を楽しくさせてくれる。実はこのトッピング、誰でも知っているスナック菓子と聞いたときは大将の自由な想像力に驚いた。

個人的にはあっさり、こってりに関わらず、スッキリとしたラーメンが好みなのだが、この手の油そば系のガッツリラーメンは、「ら・けいこ」のラーメンの様にハマる人はハマりそうな、もう、色んな事気にせずガッツガッツ食べたい、そんな気持ちになるラーメンでした。
また行きます。

「弐番手」
名古屋市中区新栄2-2-12
11:30〜14:30
17:00〜23:00
[PR]
by trauma74 | 2008-05-02 18:22 | チャリ de ラーメン
<< 「NUTS!」May.17[I... 「らーめん 奏」トマトラーメン... >>